ネットだからできる家庭ネットの指導システム!

パソコンと3つの機器で、オンライン家庭教師が始まります!

家庭ネットのオンライン家庭教師システムでは「パソコン」と「Webカメラ」「ヘッドセット」「デジタル手書きPad」を使用してオンライン家庭教師での学習を行います。
そして「映像」「音声」「手書き」「リアルタイム共有」を可能にした「VQSシステム」が導入されていますので、まるで先生がそばにいて勉強をみてくれているような指導が可能となっております。
使用する教材は予め印刷した問題用紙を、「デジタル手書きPad」にセットして付属の専用デジタルペンで書き込むことで、パソコン画面に即座に反映されます。
簡単にシステムの説明をいたしましたが、これからさらに家庭ネットの詳しいシステム紹介をご案内します。
※画像はイメージです。

家庭ネットの指導システムの主要機能とその役割

機能その1.手書きPadで書いた文字や数字がホワイトボード画面に反映されます!

手元にあるデジタル手書きPadと、 パソコン上のホワイトボード画面は同期されているので、 デジタル手書きPadで書いた文字や数字がなんでもホワイトボード 画面に反映されます!
この機能を使えば、画面を見ながら書かなくても良いので、普通のプリントに書き込む感覚で、勉強に集中することができます。

機能その2.ホワイトボード画面は先生と生徒で「リアルタアイム共有」されます!

ホワイトボード画面は「先生」と「生徒」の画面で「リアルタイム共有」されています!
お互いのホワイトボード画面がリアルタイムで共有されることで、生徒が書いた答えに対する先生からのポイント線や下線を書いたり、正答の解法の式を書き込むことができるので、先生が隣にいるのとおなじ感覚で指導を受けることができます。

機能その3.Webカメラとヘッドセットの組合せでリアルタイムに質問できます!

Webカメラとヘッドセットを使用して、映像・音声で先生とやりとりができます!
ホワイトボード画面での指導はもちろん、音声と映像で先生とのやりとりができます。
そして、もし指導中に分からない事があれば、その場で先生に質問ができるので、学校のように質問がしづらい場所に比べ、マンツーマンですので質問しやすくなり、分からないままということがなくなるメリットがあります。
*映像は任意でON/OFFが可能です。

次のページでは家庭ネットの指導内容をご紹介いたします。

家庭ネットの指導内容は、指導内容ページでご確認ください。

指導内容ページへ